妊娠できない悩みをすぐに解消!【不妊治療を利用しよう】

不妊とはどんな状態を表しているのか

不妊とは、医学的に避妊をしていないのに2年以上経っても妊娠できない状態のことを指すようです。最近では、不妊治療の種類が豊富になってきています。そのため、昔よりも妊娠できる成功率がグッと上がっているようです。

不妊の原因ランキング!

no.1

冷え性

冷え性で悩んでいる女性はとても多いです。身体が冷えているということは血流が悪い状態です。それが原因、で子宮内膜が育たないために精子が着床しづらいのです。身体が冷えてしまうことで、卵巣の機能が低下してしまうため健康的な乱視が作れなくなってしまいます。また、生理不順の原因になってしまう可能性が高いです。

no.2

月経異常

月経異常は、生理周期が短すぎたり長すぎたりする症状が表れます。また、生理時の出血量が多すぎたり少なすぎる症状が表れるケースも多いです。原因は、女性ホルモンの分泌量や子宮の変形などさまざまです。産婦人科で治療を受けて月経周期を整えることで妊娠しやすくなるようですよ。

no.3

無理なダイエットをする

厳しい食事制限をしたダイエットを行なうと、卵巣に栄養が行き渡らなくなってしまいます。そのため、卵巣の機能を低下させる原因に繋がってしまいます。また、女性ホルモンが十分に分泌されないので排卵障害の危険性が高まります。

no.4

造精機能障害

造精機能障害とは、精液中に精子が少ないか全くない症状や精子自体はあるのに運動率が悪い症状を表します。原因が解明できない場合が多く、治療には長い期間がかかるようですよ。

no.5

性機能障害

性機能障害は勃起不全や膣内射精障害などの症状を表します。ストレスやプレッシャーが原因の場合が多いですが、糖尿病や動脈硬化などが原因で発症してしまう可能性がありますよ。

妊娠できない悩みをすぐに解消!【不妊治療を利用しよう】

医者

不妊の原因は男性の場合がある!

不妊と聞くと女性側に原因があるように思う人が多いですが、そんなことはないんです。造精機能障害や先天性障害などが原因で子供ができない可能性だってあるんですよ。そのため、不妊治療を行なう際には男性側も一度泌尿器科で専門の検査を受けることがお勧めです。

一般的な不妊治療の種類

よく行なわれている不妊治療に「タイミング方法」というものがあります。これは、クリニックでの検診や基礎体温の測定を元に排卵日を予想した上で、性交行為を行なうというものです。それをすることで受精の確率を大幅に挙げられるんですよ。

不妊治療を効率的に進めよう

不妊治療は、年々需要が高まってきています。そのため、最近開業したクリニックがとても多く探すのが大変です。これは、大阪のような大都市になってくると病院選びで悩む時間が増えてしまいます。それを減らすためには、専門医が在籍している病院を選ぶのが最適です。不妊治療の専門医が在籍しているクリニックの特徴は、大手の病院の中に「不妊外来」があるかどうかです。また、口コミ情報を参考にしつつ、公式ホームページから症例実績を確認するのがお勧めですよ。